【会計事務所への就職(転職)を考えた理由

  以前は金融業をしていました。前職へは、地域発展のための力になりたいと思い就職をしました。しかし、自分の中では地域に貢献しているという実感がありませんでした。そのような時に知人から事務所の紹介を受けました。会計事務所であればより地域やお客様と近い距離で関わることができると感じ就職を決意しました。

 

 

現在の仕事内容and仕事のやりがい

  決算書や月次試算表の作成はもちろん、毎月お客様のもとへお伺いし、経営者の方と直接顔を会わせて会社の状況や今後についての話し合い等を行っています。相談事項は税務だけではなく、多岐にわたるため、幅広い分野において対応することが求められます。
 日々の業務の中で様々な問題にぶつかり、それを乗り越えていくことで、着実に新しい知識や経験を身に着けていくことができるということを実感しています。

 

 

 

入社して自分が変わったと思うエピソード

    入社をして、毎日を活力的に過ごせるようになったと感じています。仕事の昼休み、明確な就業時間がしっかりと定められているため、オンとオフのメリハリをつけることができ、業務中は集中して仕事をすることができ、オフには自分の趣味や勉強の時間を確保できます。目的を持って毎日を過ごすことができるため大変充実しています。

 

 

 

今後のビジョン

 何かあったらこの人にまずは相談しようと思っていただける税理士になりたいと思っています。日々の業務では、税務のみならず広い分野においての対応が求められます。税理士業務の商品は人であると思っていますので、より多くの知識や経験を積み、お客様に常に寄り添うことのできるような存在を目指して参ります。