【会計事務所への就職(転職)を考えた理由

もともと接客の仕事が好きで、学生時代は飲食店でアルバイト、社会人になってからも販売など直接お客様と接するような仕事をしてきました。そんな中、以前お世話になった会社で簡単な経理の仕事をする機会があり、数字を扱う仕事にも面白さを感じるようになりました。さらに、定期的にいらっしゃっていた会計事務所の方の姿を見て、会計事務所の仕事はデスクワークだけではなく接客の要素もあることを知り、自分に向いているのではないかと思いました。

 

 

仕事で心掛けていること

ちょっとした疑問や質問、税務に関係があるのか分からない事、経営全般に関わる不安や悩みなど、お客様が「聞きたいけど聞いて良いのか分からない」「誰に相談すればいいのか分からない」と思うような事でも、まず気軽にお話していただけるような接し方を普段から心がけています。また、お客様からのご質問やご要望にはできるだけ迅速・的確に対応し、「相談して良かった」と思っていただければいいなと思って仕事をしています。

 

 

入社して自分が変わったと思うエピソード

 期限厳守の仕事ですし、スタッフ各自がそれぞれ担当のお客様を持っているので、体調管理により一層気を遣うようになりました。睡眠もしっかりとるようにし、仕事中は頭を常にフル回転させられるように心がけています。複数の仕事を限られた時間内で行うので、優先順位のつけ方や仕事の時間配分の仕方も身についたと思います。また、多種多様な業種のお客様とお話ししていると新しい発見がたくさんあり、それが仕事をする上での楽しみの一つになっています。

 

 

今後のビジョン

 これからも会計事務所の担当者としての経験を積み、勉強を続けることで、知識だけではなく経験に基づいた有意義な助言ができる担当者へと成長していきたいと思います。また、日々仕事をする中で、経営改善に関するコンサルティング能力の必要性を実感しており、そういった周辺的な知識や技術も向上させていきたいです。今後新しいスタッフが増えていった時には、自分の知識や経験を伝え、スタッフ全体のレベル向上に貢献できればと思っています。