【会計事務所への就職(転職)を考えた理由

 私は大学時代、現職とは関係のない工学部で4年間過ごしました。大学時代に学んだ実験分析等のパソコンのスキルを活かし、初めは、SEとして青森市に就職しました。 
 その後、結婚、仕事を離れ、出産して、専業主婦をしておりましたが、毎日、毎月、家計簿をつける様になり、夫が頂いてくるお給料から、毎月支払う家賃・光熱費・食費・交際費などを集計し、プラスになったりマイナスになったり、毎月の計算するのがとても楽しくなりました。
  それから、経理の仕事に興味を持ち、子供が小さかったので、経理のパートをしました。そこで、経理の仕事は楽しい!もっと経理の勉強をしたい!と思い、簿記の勉強を始め、会計事務所へ就職する事が出来ました。

 

【現在の仕事内容and仕事のやりがい

  現在の仕事内容は、お客様が会計ソフトに入力した内容を毎月監査し、申告書の作成を行います。また、記帳代行のお客様も、頂いた資料を基に、試算表・申告書の作成を行います。それに加えて、給与計算、年末調整などの業務も行っています。
 監査で毎月1回、お客様へお会いして、税務相談、納税予想などお話するのですが、お客様からお礼や感謝の言葉を頂くと、自分の存在価値を感じることが出来、仕事のやりがいも感じます。また、色々な方々との関わりを持つことで、自分にない考え方や受け答えのレパートリーなどが増え、仕事が楽しくなります。

 

【仕事で大変なことor心掛けていること 

 繁忙期になると一日に5件回ったりすることもあり、車の中で昼食を食べながら、次のお客様との打合せ内容を確認したりする事があります。さすがにその日は、仕事が終わった後、ぐったりです。しかし、この業界は12月から5月まで繁忙期なので、自分の中で、あと何か月、あと何日頑張れば、と言い聞かせて乗り越えています。
 そして、繁忙期には体調管理には特に気をつけていて、手洗い、うがい、睡眠、そして、食事などもバランス良く採る生活を心がけています。

【入社して自分が変わったと思うエピソード 

 所長が、色々な機会を与えてくださり、事務所に入社してから、読書する時間、勉強する時間が増えました。初めは、子育て、家事もあるのに勉強する時間を作れるかな、と思っておりましたが、意外と出来ない事はなく、むしろ、私が勉強し出すと子供達も勉強したり、メリハリのある時間を過ごせる様になりました。
 また、効率的に仕事をする為に、毎月のスケジュールを考えて作成しています。スケジュール帳が埋められる幸せ、そのスケジュールをこなした月末の達成感、そして、その業務を毎月、毎年繰り返していく度に仕事をしている自分が好きになりました。